施工前

photo after construction

施工後

施工内容

内壁塗装
【1】マスキング(養生)

【2】クラックの補修(コーキング)

【3】パテ処理

【4】天井の塗装(EP塗装)

【5】壁の塗装

【6】扉や窓サッシの塗装

今回は、築50年程の建物の内壁塗装工事を下請した事例を紹介します。

築50年の建物の内壁の補修工事

内壁塗装は、完成後の見た目が大事なポイントとなります。仕上がりを綺麗にするために、下地のパテ処理に最も注力して工事に取り組みました。

また、今回の工事ではお客様から天井の色についてご要望をいただきました。

お客様のご要望に添えるよう、塗料の色味についてご提案しました。

内壁補修工事の作業内容

それでは、今回の作業内容を紹介していきます。

【1】マスキング(養生)

初めに、塗料で床を汚さないようマスキングシートなどを使用し、丁寧に養生します。

【2】クラックの補修(コーキング)

続いて、コーキング材を用いて壁のクラック(ひび割れ)を補修します。

コーキングには、防水と気密性を確保する目的があります。

【3】パテ処理

 putty used for coating 2

内壁塗装で最も大事なポイントが、パテを使った下地処理です。

このパテ処理をおろそかにすると、後の工程で塗りムラが出てしまう可能性があります。特にツヤ出しの場合、照明などの光の反射もあって、パテをしっかり塗って凹凸を無くさないと綺麗な仕上がりになりません。

今回はツヤ消しの作業でしたが、ツヤ出しが伴う場合には職人の腕前がはっきりとわかります。ですので、仕上がりを綺麗にするため、丁寧に作業を行いました。

また、今回の工事では、事前に左官業者による左官工事が行われています。左官を施工した段階では微細な凹凸があり、そのまま塗装を行うと仕上がりに影響が出てしまいます。
左官の凹凸を平坦化するための処置として、左官を行った部分にもパテ塗りを行いました。

【4】天井の塗装

painting the ceiling

今回の塗装工事では、エマルジョンペイント(EP塗料)を使用して3回塗り(下塗り・中塗り・上塗り)を行いました。

内壁は天気や紫外線の影響を受けません。ですので、予算に応じて、一般的に使用されているEP塗料を使うことが基本になります。

また、下塗りに使う壁用ボンドについて、当時は発注していた材料が届かなかったため、弊社にあるものを数種類持っていき、現場で壁に合うものを見極めました。

加えて、この工事では依頼主様から「天井を壁と同じ色にして欲しい」というご要望をいただきました。

しかし、天井は白以外の色を使用することで、暗い雰囲気になってしまうため、白色の塗料を使うことを提案しました。

 【5】壁の塗装

painting the wall

天井が完了したら次に壁に3回塗りを行います。

先に天井を塗って、次に壁を塗るのは塗料が下に垂れ、塗り終わった壁が汚れてしまうからです。
上から順に塗ることで汚れを防ぎ、効率良く塗装することができます。

【6】扉や窓サッシの塗装

painting the door

最後に、鉄扉や窓枠を塗ります。

これで今回の内壁補修工事が完了です。

まとめ

内壁塗装は塗りムラなく、綺麗に仕上げることが重要です。

今回は、そのための下地となるパテ処理を丁寧に行った結果、違和感なく仕上げることが出来ました。

パテ塗りは職人のレベルが伺える工程です。しっかりと対応してくれる塗装業者に依頼するために、お問い合わせなどで確認するようにしましょう。

大阪府で内壁塗装工事をご検討している方は、村上塗装工業までご連絡ください!