施工前

工場内部の天井の塗装工事施工後

施工後

施工内容

養生(機械等すべて)

ケレン清掃

亜鉛メッキ対応透明プライマー吹き付け

2液型シリコンウレタンOP塗装

工場内の劣化した天井や壁の塗装工事

今回は、築50年の鉄骨造の工場内を塗装した事例です。
以前から定期的に外壁塗装等を行っていたお客様からのご依頼でした。

 

稼働中の工場内の天井や壁の塗装工事を行いました。

 

これまでにも外壁等も含めていろいろな部分の塗装を行ってきましたが、天井や壁の劣化が目立ってきている事から、ケレン清掃を行って錆や劣化した塗装を落とした後、プライマーの吹き付けを行い、2液型シリコンウレタン塗料で塗装を行っています。

 

2液型シリコンウレタン塗料を使用した工場内の塗装の工程

工場内の塗装工事は以下の工程で施工を行っています。

 

養生シート貼り

工場内の機械や製品に養生シートを貼る

工場は稼働中の状態でしたので、工場内には動かす事ができない機械等がたくさんありました。

まずは、その機械が塗料等で汚れないように養生シートを貼っていきます。

ケレン清掃

塗装が劣化して錆ている工場内部の天井 塗装が劣化して錆びている工場内部の壁

壁や天井にケレンがけを行い、錆や劣化した塗装を剥がしていきます。

 

壁等の素材は亜鉛鍍金を吹き付けた亜鉛メッキ鋼板でした。
この作業を行う事で、錆や汚れを落とすだけでなく、塗装したときの塗料の定着性が良くなる効果があり、塗装が剥がれにくくなります。

 

プライマー吹き付け

ケレンがけを行った後は、プライマーを吹き付けていきます。

使用したプライマーは亜鉛メッキに対応した透明のプライマーで、亜鉛メッキ鋼板の壁に直接吹き付けています。

 

プライマー塗布と塗装している壁

この画像の右側半分は塗装まで完了していますが、左側半分はプライマーを吹き付けたところまでの状態です。

 

2液型シリコンウレタンOP塗装

壁等の素材が亜鉛メッキ鋼板でしたので、塗装には2液型シリコンウレタン塗料を使用しています。

2液型シリコンウレタン塗料には、亜鉛メッキ鋼板に対応しているだけでなく、1液型よりも長持ちするという特長があります。

ただし、塗料を混ぜる時に撹拌不良を起こすと塗装が乾かなかったりと品質が悪くなるので、塗料の作成には十分注意が必要です。

 

天井の塗装工事施工後

塗装は工場内部全体を行っていますので、亜鉛メッキ鋼板以外にも鉄骨の壁の塗装も行っています。

また、塗料には、ロックペイント株式会社さんの弱溶剤二液型NADシリコンウレタン樹脂塗料「ユメロック」を使用しています。

 

工場内の機械等を塗料で汚さないようにしっかり養生して施工

稼働している工場には、すぐに移動できない大型の機械や製品等がたくさんあります。

塗装工事の際にその機械や製品が塗料等で汚れないようにしっかりと養生シートを貼りました。

 

その他、高い部分の塗装のために足場を組んだり脚立で作業を行っています。

足場を組んだり脚立で内部の壁を塗装

 

お客様からは、今回の工場内の塗装工事後もご依頼を頂いていますので、仕上がりにもご満足頂けている事と思います。

現在、稼働している場合でも工場内の天井や壁の劣化が気になる方はご相談ください。

 

工場内の天井や壁の塗装は村上塗装へ