外壁塗装 施工前

施工前の外壁

外壁塗装 施工前

施工前の外壁

10年ごとに外壁塗装をする必要はない

外壁の塗装は10年に1度行った方がいいという話があります。

一言で10年と言っても、築10年、前回の塗装から10年などあり、建物によって違いがあります。

 

建物の構造や状態、立地条件など、それぞれの建物によって状況は大きく異なりますので、10年という時間の経過で一区切りにする必要はないと考えます。

10年も経過すると多少は劣化が進行するので塗装をしてキレイにしないといけないような気持になってきますが、塗膜が充分に残っていたり、見た目程劣化していなかったりする事も多々あるので、外壁の見た目だけでは判断できないです。

 

そうとはいっても、10年経つと外壁の見た目は変わり、外壁の色褪せやひび割れなどの傷みが出てくる事もあり、これらの現象が雨漏りや外壁自体の劣化に繋がる事もあるので、10年に1度は専門業者の診断を受けることをお勧めします。

10年に1度の基準は塗料の寿命から

なぜ、外壁塗装は10年に1度という基準があるのでしょうか?

 

それは、アクリルやウレタンの塗料の寿命が10年ということから言われているのではないかと考えられます。塗料の寿命が10年なので、10年に1度は塗装を、という流れになったのでしょう。

 

しかし、近年使われているシリコン塗料の寿命は12~15年、フッ素塗料になると20年以上のものまであります。塗料の寿命から考えると、必ずしも外壁を10年に1度塗り替える必要性はありません。

外壁塗料の寿命は立地と気候条件次第

例えば、シリコン塗料は12~15年持ちますが、木造、鉄骨造、RC(鉄筋コンクリート造)、SRC(軽量鉄筋コンクリート造)などの建物の構造や、日当たり、風当たりなどの建物の構造や立地条件、気候条件などによって異なります。

 

 

これらの条件が良ければ10年以上経過しても外壁の状態がきれいに保たれる場合もあります。逆に条件が悪ければ、10年未満でも外壁の劣化が目立ってくることもあります。

先ず、外壁に悪い条件を3つ挙げてみると、

  • 直射日光が長時間当たる
  • 強い風が当たる
  • 地盤が緩い

これらの要素は塗料の寿命だけでなく、塗装の剥がれやひび割れの原因にもなります。

直射日光の紫外線による塗膜の劣化

特に日当たりは影響が大きく、直射日光の良く当たる南側や西側の塗料が傷みやすく、その中でも西日が直接あたる外壁の塗料は最も傷みやすいです。

日光には紫外線を多く含んでいるのは誰もがご存知だと思いますが、この紫外線により塗料の劣化の進行が早くなってしまいます。

また、北側は日が当たりにくいため、ジメジメして苔やカビが生えやすく、東側は比較的きれいな状態が保たれている事が多いです。

コケやカビについては、放っておくと外壁を傷める要因となりますので、見つけた時には水と柔らかいスポンジで洗う事をお勧め致します。硬いブラシなどで洗うと、塗膜を捲ってしまうので、できる限り柔らかいものを利用してください。

強い風が当たる事による塗膜の劣化

風は目に見えないからこそ、そこまで影響が無いように思いがちですが、黄砂などの砂の粒子や花粉などを運んできます。これらは強い風であればあるほど、外壁の塗膜面を傷めていきます。

軟弱地盤による不動沈下による外壁のひび割れ

これはそもそも外壁の寿命や塗膜の寿命と関係ありませんが、不動沈下により建物が傾くと、本来の柱などに均等に掛かる負荷のバランスが崩れてしまいます。

これによって、外壁のある場所に負担が掛かってしまう事もあり、その結果ひび割れを発生させてしまう事があります。

また、雨水などがひび割れの中に入ってしまうと、雨漏りをすることもあり、建物の内側から劣化をさせてしまう事に繋がります。

塗料劣化の条件まとめ

この劣化をさせてしまう3つの条件などにより、同じ時期に同じ場所に建てられた建物でも、10年で塗装がダメになったり、20年でも保ったりと様々です。

だからこそ、自分の家がどんな環境にあるのかを踏まえた上で、10年目には1度点検をされるのが好ましいです。

10年目以外の点検の目安

先程は10年目に点検を受けた方が良いとご説明しましたが、外壁が以下のような状態になったときは、外壁の状態を点検するべきサインです。

チョーキング

指で触れたときに指に白いチョークのような粉が付く状態です。

 

サッシ周辺のコーキングの剥がれや破断

これはよくある雨漏り原因で、コーキングは年月と共に劣化をしてきてひび割れが起きたり、破断とってブチッと切れた状態、最悪の場合は剥がれるという事もあります。

破断と剥がれに関しては、完全に穴が空いた状態になってしまうので、雨漏りリスクがものすごく高くなりますので、外壁塗装業者や防水業者への相談は早ければ早い程良いです。

ご自身でコーキングをする事もできますが、コーキングは材料選びと下地が大切なので、できるだけ業者へ相談するようにする事を推奨いたします。

まとめ

10年経ったから塗り替えるという行為は勿体ないと言う事もあります。それにまだ外壁は大丈夫なのに塗り替えた方がいいです!と言ってきた営業マンもいたと聞く事もあります。

家に応じて塗り替えた方が良いタイミングは異なるので、できるだけ信用できる外壁塗装を専門に行っている業者を見つけてその方に相談される事をおすすめします。

もちろん、何社かに声をかけて反応を見るのも良いかもしれません。

建物の構造や立地条件によっては20年以上きれいな状態を保つ外壁もありますので、外壁の状態が気になる方はまず、信用できそうな外壁塗装業者を見つけてから診断を受けてみてください。

 

村上塗装では、お客様から依頼された場合でも外壁を点検させて頂いて、外壁の状態が良い場合には、10年以上が経過していても塗装は行わないようにしていますので、東大阪で外壁の調子が気になるという方は、お気軽に村上塗装までご相談ください。

 

東大阪の外壁塗装の診断はこちら