老朽化したビルの外壁タイルを全て剥がし、修繕・塗装した事例 大阪府東大阪市

ビルの外壁が老朽化し、場所によっては雨漏りもしているので修理してほしい

今回のご依頼は、大阪府東大阪市にあるオフィスビルを管理する方からのご依頼でした。

このビルの外壁は、長年メンテナンスを行っていない様子で、ご依頼当時は台風が多く発生していたこともあり、暴風雨の影響でタイルが剥がれてしまう恐れがあったため、全て撤去し、塗装を完全にやり替えてしまうこととしました。

 

またご依頼主様曰く、「場所によっては壁から雨漏りしている」とのこと。

塗装のやり替えに加え、クラックの補修を行いました。

ビルの外壁補修と塗装やり替えの作業内容と各工程におけるポイント・注意点

それでは、今回の作業内容を紹介していきます。

【1】足場組み

まず初めに、外壁施工用の足場を組みます。

タイルが貼られている部分全体を覆うようにして足場を組みました。

【2】外壁タイルを手作業ですべて撤去

続いて、外壁のタイルを全て手作業で撤去します。

今回作業量がかなり多かったため、解体業者に外注し、より効率的で安全にタイルの撤去をしていただきました。

 

依頼の際、「剥がしたタイルが落下することが無いように」と、安全に作業を進めてもらうようお伝えしています。相手は解体のプロなので言わずもがなではありますが、安全作業を心がけるようお願いしました。

【3】左官工事による、外壁表面の補修

タイルを剥がした後、外壁表面はかなりがたついてしまっているため、左官工事を施し、表面をフラットな状態にしていきます。

2回に分けて作業し、ムラが無い状態に仕上げました。

【4】シーラーを用いたクラックの補修

左官工事を行った後は、シーラーを用いてクラックを補修していきます。

外壁の一部が雨漏りしているとのことでしたので、入念にクラックを埋めていきました。

【5】ボンタイルの吹き付け

次に、ボンタイルの吹き付けを行っていきます。

ボンタイルの吹き付けとは、スプレーガンを用いて外壁塗装の模様付けを行う工法です。

「吹き付けタイル」や「玉吹き」と呼ばれることもあります。

ムラが出ないように均一に吹き付けするのはかなり難しく、高い技能が必要です。

 

今回、吹付の範囲が外壁全体なのでかなり広かったですが、慎重かつ丁寧に作業を進めました。

【6】水性ソフトサーフSGで下塗り

ボンタイルの吹き付けが完了したら、塗料を使って色付けしていきます。

 

今回使用した塗料は「水性ソフトサーフSG」という塗料です。

少し弾性がある塗料で、塗装した部分に防水性を持たせたいときに使用します。

古い塗装の細かいひび割れをカバーすることもでき、下塗り塗料としては汎用性の高い塗料です。

【7】セラミクリーンで中塗り・上塗り

下塗り完了後、単層弾性塗材「セラミクリーン」で中塗り・上塗りを行いました。

 

セラミクリーンはセラミックシリコン製の塗料で、「防カビ性」「耐久性」に優れた塗料です。

ひび割れ追従性も高く、細かなひび割れに合わせて伸縮するため雨水の侵入を防ぐことが可能です。

【8】三色の塗料で模様づけし、外壁塗装作業が完了

最後に、今回のご依頼主様のご要望で、企業のイメージカラーである緑系統の三色を使った模様付けを行っていきました。

綺麗な直線を引く場合、赤外線レーザーの出る測量機を使うことが多いのですが、今回のビルは築年数が長く、少しゆがみがある部分もあったため、使用を控えました。

その代わり、マスキングテープを使った養生で直線を書き、それをもとに、三色の塗料で直線を引いていくことにしました。

 

機械を使えば、その分手間もなくなるのですが、今回のように最新機器に頼らずとも高いクオリティを実現できることは、作業全体を通して大切な要素です。

ビルの外壁は定期的なメンテナンスと塗装のやり替えがオススメ

今回、老朽化したビルの外壁タイルを撤去し塗装をすべてやり替える工事を行いました。

タイルは老朽化すると、少しの衝撃で割れてしまう可能性のある材料です。ビルの場合、十数メートルにも及ぶ高所から破片が落ちてくることも考えられるので、定期的なメンテナンスは行った方が良いでしょう。

 

また今回の事例のように、外壁を一新することで、建物全体の見栄えも大きく変わるため、「最近ビルの外壁にカビやシミが出来てきた」「より清潔感のある見た目にしたい」という方は、塗装業者、もしくは屋根や外壁の修繕を取り扱う業者に相談することをオススメします。

 

大阪府東大阪市で、外壁の修繕・塗装工事をご検討中でしたら、村上塗装工業までお気軽にご相談ください!

台風の影響で甚大な被害を受けた映画館の修繕工事②:外壁と屋上編 京都府京都市

台風被害で建物が使い物にならなくなってしまったので、修繕してほしい

今回のご依頼は、京都市にある映画館のオーナー様からです。

大型の台風によって、西日本全体が大きな被害を受けていた時、事務所付近にある映画館の修繕工事をご依頼いただきました。

台風の影響で甚大な被害を受けた映画館の修繕工事①:内装編に引き続き、後編は外壁と屋上編です。

建物全体がボロボロになっていたので、すべて修繕することに

築年数がかなり長い建物のため、台風被害でひび割れたのか、経年劣化でひび割れたものなのかが分からない状態でした。

特に壁からの雨漏りがかなりひどく、しっかりと補修する必要がありました。

今回は外壁と屋上部分の修繕を紹介していきます。

写真を元に、順を追って見ていきましょう。

【1】足場組・高圧洗浄

まず、外壁補修の工程からご紹介します。

修繕作業のために下準備として、建物周りに足場を組み、高圧洗浄で細かいゴミを落としていきました。

【2】コーキング・左官工事によるクラック補修

京都市修繕事例イメージ

コーキングによるクラック(ひび割れ)補修をしていきます。

コーキングとは、気密性や防水性向上を目的とし、ひび割れの隙間を目地材などで充填することです。

鏝(こて)を用いて、ひび割れを埋めて塗り仕上げていきます。その後、左官業者による左官工事が入ります。

【3】下塗り作業

京都市修繕事例イメージ

左官工事が終わったら、下塗り塗料を二回、重ねて塗ります。

今回使用した下塗り塗料は、【レナフレンド】です。以下の特徴があります。

  • 柔軟性が大きい
  • 下地の微細なひび割れに対し、優れた追従性を示し、雨水の浸入を防ぐ
  • 下地への付着力が良い
  • 長期にわたって付着力の低下を生じない

※【レナフレンド】は防水形複層塗材EというJIS規格に基づく仕様の塗料です。

下塗り作業は、壁に塗る塗料の密着性を高める効果があります。

【4】中塗り・上塗り

京都市修繕事例イメージ

二回の下塗り作業が終わると、外壁の中塗り・上塗り作業です。

今回使用した中塗り・上塗りの塗料は【水性弾性セラミシリコン】です。以下の特徴があります。

  • 超耐久性(長期メンテナンスサイクルを含めたライフサイクルコストが低い)
  • 防水性が高い(雨に強い) 等

外壁に修繕はこの工程で完了です。次は、屋上の修繕工事の工程に移ります。

【5】高圧洗浄と大きいゴミの撤去

京都市修繕事例イメージ

コンクリート製の屋上は、台風被害で、がれきがかなり多く出ていました。真下が射影機材室のため、廃材が落ちないようにブルーシートをかけて作業します。

【6】プライマーでクラック補修

まず、屋上のひび割れを補修していきます。

大きなクラックはコーキング補修し、その後、通気緩衝シートの接着性を高める効果のあるプライマーを塗布しました。

【7】フリック

屋上は、元々は平面でしたが、雨が降ると水が溜まってしまう構造になっていました。

水がたまるとコンクリートの劣化が早まってしまいます。今後のことを考えて、勾配を付け、水はけが良くなるように修繕しました。

【8】通気干渉工法による屋根の補修

京都市修繕事例イメージ

通気緩衝シートを既存防水層の上に貼っていきます。

通気緩衝シートは、その名の通り『通気性の良い緩衝シート』で、屋上コンクリートと通気緩衝シートの間に、結露などによる水が浸入したとしても、水が抜けるような構造になっています。

通気緩衝シート内に水が残ると、膨れなどが起きてしまうからです。

 

通気緩衝シートが張り終わったら、脱気筒を設置しました。

脱気筒は、屋上の防水層(今回は、通気緩衝シート+ウレタン塗膜防水)と下地の間の発生する水蒸気を排出する大切な役割を持っています。

京都市修繕事例イメージ

ここからは、ウレタン塗膜防水を施していきます。

ウレタン塗膜防水は、液状なのでシームレスで継ぎ目のない防水層の形成ができます。

また、重ね塗りができるので、繰り返し防水工事をする際に費用が抑えられるなどのメリットがあります。

しっかりとした厚みのある防水層にする必要があるため、二層塗ります。

一層目の塗布作業では、二層目の仕上がりがよくなるよう、金コテなどを使いながら均一になるよう丁寧に塗布していきます。

京都市修繕事例イメージ

一層目が塗り終わると、硬化するのを待ち、後日二層目の塗布作業を行いました。

この工程で、屋上の修繕作業は完了です。

まとめ:修繕工事は、塗装業者ではなく修繕業者に依頼しましょう

今回は、前編後編に分けて、大型の台風の影響で被害を受けられた映画館の、内装・外壁・屋上修繕いついての事例でした。

後編は、映画館の修繕工事、外壁・屋上の修繕工程をご紹介しました。

屋上での通気緩衝工法は難度が高い工法なので、屋根修理業者でないと出来ません。

規模や状態に適した修理をしないと塗装がはがれたり、劣化が早まる原因になります。

心配な方や、メンテナンスの頻度を少なくしたい人は、屋根修理業者に頼みましょう。

京都府京都市で、修繕・改修工事をご検討中でしたら村上塗装工業までご相談ください!

台風の影響で甚大な被害を受けた映画館の修繕工事①:内装編 京都府京都市

台風被害で建物が使い物にならなくなってしまったので、修繕してほしい

今回のご依頼は、京都市にある映画館のオーナー様からです。

大型の台風によって、西日本全体が大きな被害を受けていた時、事務所付近にある映画館の修繕工事をご依頼いただきました。

建物全体がボロボロになっていたので、すべて修繕することに

実際に現場を見てみると、屋根だけでなく、建物全体がボロボロになっていました。

修繕というよりは、全体の改修が必要なほど、建物が傷んでしまっていたので、総力を挙げて工事に臨みました。

映画館の内装修繕工事の流れ

今回は、かなり大規模なものになるので、外壁・内装・屋根の3段階に分け、今回は内装部分の内容を紹介していきます。

写真を元に、順を追って見ていきましょう。

【1】椅子などの荷物を撤去

まず初めに、建物内を作業できる状態にするために、椅子やゴミなどを撤去します。

写真を見てもらうとわかると思うのですが、椅子にはカビが生えています。

台風で屋根が破損し、そこから雨が直接入るようになっていたようでした。

 

椅子以外の部分にもカビが生えており、建物内はとても空気が悪くなってしまっていました。

そのため、まずは作業できる環境を作るべく、すべての椅子やゴミを撤去していきました。

【2】建物内を高圧洗浄

椅子が撤去出来たら、次に高圧洗浄で細かいゴミを洗い流していきます。

作業前後の写真はありませんが、これから修繕工事を行うにあたって、非常に大事な工程です。

というのも、内装をほぼすべて改修するような工事なので、後ほども紹介しますが、内壁や天井の改修なども作業に含まれます。

 

そんな中で、小さなゴミが所々についていると、塗装などにも影響が出てしまいます。

なので、丁寧に細かいところまでしっかりと、高圧洗浄で洗い流していきます。

【3】建物内に足場組み・天井の改修

高圧洗浄の後は、天井を改修するために、ステージ状の足場を組みました。

天井の改修だけであれば、ステージ状の足場にする必要はあまりありません。

しかし、建物のダメージが大きかったことなどから、建物が崩れてしまう可能性もあったため、万が一に備えて、床での作業中には天井にもなるステージ状の足場を組んでいます。

補足:内装の工事自体は、屋根の修繕後に行った

屋根に穴が開いたまま内装の工事はできません。

なので、屋根の修繕後に内装工事を行っています。

しかし、台風の影響で、屋根の部材が届くまでにかなりの時間が必要になりました。

天井の修繕後は、上記の写真のようになりました。

作業前は、骨組みが剥き出しになっていたのに対し、新築同様の状態まで、修繕することが出来ました。

【4】消防・放送設備などを一通り交換

次に、消防設備などを交換していきます。

ここで気を付けなければいけないのが、「法律で定められた消防設備の基準」です。

この映画館自体、築年数がかなり立っている古い建物でした。

そのため、当時の建築基準や消防設備の基準に合わせて作られており、現在の基準を満たせていなかったのです。

 

当然、配線もそれに合わせて設置されていたので、電気設備(空調など)も大幅に改修する必要がありました。

【5】防カビ塗料を使用して内壁を修繕

一通りの内部設備を交換した後は、内壁の修繕を行っていきます。

防カビ塗料を使って、古い壁についたカビなどが、成長したりすることが無いように、仕上げていきます。

内壁の塗装が終わったら、天井も同様に塗装していきます。

塗装にムラや塗り残しが無いようにチェックしながら塗っていきます。

上記は、内壁の修繕が完了した後の写真です。

非常口案内や照明に至るまで、すべての改修を行いました。

【6】椅子の取り付け・清掃をして内装の工事が完了

最後に、椅子の取り付けと清掃を行って、今回の工事は完了です。

今回、国内の椅子製造所も台風の影響で、入手しにくい状態にあったので、海外の業者に椅子を発注しています。

 

品質的に少し不安があったのですが、実物が届いて確認してみたところ、想像以上に品質が良く、使用することにしました。

まとめ:台風後、自分での応急処置などはしない方がいい

今回の依頼主様は、台風後に建物の修繕をしてくれる業者が見つからないとお困りのご様子でした。

 

実際、屋根の修理業者や建設業者は、災害後、修繕や解体の依頼が多くなるため、かなり忙しくなります。

業者自体がそこまで多くないこともあり、なかなか手が回らないことになってしまいます。

 

「とりあえず自分で応急処置だけでも…」と思う人もいるかもしれません。

しかし、その応急処置が原因でさらに状況が悪化してしまったり、修繕費が高くなってしまうこともあります。

なので、自分で何とかしたいという気持ちもでてきてしまうかもしれませんが、修理業者が来てくれるのを待つことが何より大切なことなのです。

 

次回は、外壁の修繕編です!

京都府京都市で、修繕・改修工事をご検討中でしたら村上塗装工業までご相談ください!

工場の折板屋根に遮熱塗装を行った事例 大阪府東大阪市

今回は、大阪府東大阪市にある工場の折板屋根に遮熱塗装を施した事例の紹介です。

熱が工場内に籠ると作業員や商品に影響するので、遮熱塗装をしてほしい

施行前写真

今回のご依頼主様は、以前(15年ほど前)にも遮熱塗装をさせていただいた工場の管理者の方でした。

上記の写真でもわかるように、15年ほど経過していることから、塗料の経年劣化がかなり進んでしまっています。

 

ご依頼主様から「夏場になると工場内に熱がこもり、作業員の方や商品に影響が出てしまう恐れがあるので、遮熱塗装をしてほしい」とのご要望があったため、今回は、遮熱塗料の中でも遮熱性の高いシリコン塗料「パラサーモシリコン」を塗付することにしました。

この塗料(パラサーモシリコン塗料)は、「弱溶剤系塗料」と言われるもので、人体や環境への影響が少なく、様々な屋根材に対応していることから、多くの塗装現場で使われています。

中でもパラサーモシリコン塗料は、耐久性にも優れていることが特徴で、比較的長持ちする遮熱塗料です。

折板屋根への遮熱塗装工程を紹介

  1. 【1】折板屋根全体を高圧洗浄
  2. 【2】折板屋根の細部についた汚れをケレンする
  3. 【3】折板屋根にプライマーで下塗り
  4. 【4】折板屋根に遮熱塗料を2回に分けて塗付(中塗り・上塗り)
  5. 【5】折板屋根を固定するボルトにプラスチックキャップを取り付け

今回、折板屋根の遮熱塗装は、上記の5工程にて行いました。

また、昇降用足場の設置及び撤去も作業前後に行っています。

【1】折板屋根全体を高圧洗浄

高圧洗浄後

まずは、塗料が浮いたり剥がれてしまわないために、砂塵などを高圧洗浄機で取り除いていきます。

折板屋根の場合、凹凸部分や折り目の部分に汚れが溜まりやすいので、しっかりと洗浄を行います。

細部まで高圧洗浄

屋根板の接合部分である「棟」には、上記写真のような隙間がありますので、隅々まで高圧洗浄を施していきました。

【2】折板屋根の細部についた汚れをケレンする

どのような屋根でも、長い間メンテナンスせずにいると、高圧洗浄では取れない汚れがついてしまいます。

高圧洗浄による洗浄の後はヤスリなどを使って、「ケレン」という、よりしっかりとした洗浄工程を施していきます。

 

この作業を怠ってしまうと、塗料のひび割れや剥がれの原因にもなるので、高圧洗浄と同様、徹底的に行います。

【3】折板屋根にプライマーで下塗り

プライマーによる下塗り工程

高圧洗浄・ケレンによる洗浄工程が完了したら、次は「プライマー」による下塗りを行っていきます。

この「プライマー」という塗料は、塗装の下地にあたる部分で、この後塗付していく遮熱塗料の接着性(密着性)を高める効果があります。

 

接着力が高いので、同じ部分を塗ろうとすると、ローラーを巻き込んでしまったりすることがあるので、迅速かつムラが無いように塗付していきました。

この下塗りの工程を、いかに丁寧に行うかでその後の仕上がりも変わりますので、屋根の塗装工事において重要な工程です。

【4】折板屋根に遮熱塗料を2回に分けて塗付(中塗り・上塗り)

遮熱塗料の中塗り工程

プライマーの塗付が終わったら、いよいよ遮熱塗料を塗付していきます。

機能性・耐久性を高めるために、「中塗り」「上塗り」の2工程に分けて、遮熱塗料を塗布していきました。

中塗り乾燥後_洗浄

中塗りが終わり、十分な時間をおいて乾燥させます。

乾燥の工程において気を付ける点は「乾燥時間」です。

長い時間おいていると、どうしても「砂塵」や「ほこり」が塗料に付着してしまいます。

なので、中塗りをした塗料の乾燥後、上塗り工程に移る前には必ず高圧洗浄でほこりなどを落とします。

上塗り工程後

上記の写真は、上塗り工程完了後の写真です。

つやがあり、綺麗に見えることも、今回使用したパラサーモシリコン塗料の特徴です。

【5】折板屋根を固定するボルトにプラスチックキャップを取り付け

プラスチックキャップ取り付け

最後に、折板屋根を固定しているボルトを保護するために、プラスチックキャップを取り付けていきます。

今回、ボルトのサイズに合うボルトキャップがなかったので、シール材で密着性を高める処置を施し、耐水性も高めています。

また、ボルトキャップ自体も「サビヤーズ」という、ポリカ―ボネート製の耐久性に優れるものを採用しています。

屋根部分は雨風や砂塵の影響を受けやすいので、こういった部分にも高い耐久性のあるものを使うことがほとんどです。

 

実は、今回遮光塗装を施したこちらの屋根なのですが、折板屋根を固定しているボルトもかなり経年劣化が進んでおり、ボルトと屋根板の隙間から水が浸入してしまうことが、1回目の高圧洗浄時に判明しました。

なので、プラスチックキャップを取り付け、固定用ボルトを保護し、今後雨漏りが起こってしまう可能性を最小限まで抑える処置を施すこととなりました。

なかなか気づきにくい部分でもあるので、施工業者によっては、この部分を放置して撤収してしまうこともあります。

細かな部分ですが、屋根はメンテナンスの頻度も少ない為、出来る限り長い間保護できるような工夫も施します。

まとめ:屋根の点検は定期的に行うのがベスト!

今回、15年ほどメンテナンスされていない屋根の遮熱塗装を行ったわけなのですが、一般的に言われている屋根塗装の耐用年数である10年を超える期間、メンテナンスがされていない状態でした。

なので、塗装以外の部分(折板屋根の固定用ボルト)にも劣化が見られました。

 

やはり、塗装が剥げてしまうと、屋根板や金具にも影響が出てしまう恐れがあるため、定期的なメンテナンスは行っておいた方がいいでしょう。

また、高所作業で危険が伴うので、メンテナンスは無理に自分でしようとはせず、業者にお願いするのがいいでしょう。

 

これから、春先・初夏にかけて、気温が高くなってくると、遮熱塗装の案件も増えてきますので、早いうちから検討されることをお勧めします。

大阪府東大阪市で屋根の遮熱塗装を検討されている方は、村上塗装工業までご相談ください。

 

雨漏りしている会社のベランダに勾配をつけて防水工事 和歌山市

ベランダの雨漏りに悩む会社で勾配をつけた防水工事

今回、会社のベランダの雨漏りに悩まれているという事でご依頼をいただきました。

 

1階と2階の間にあるベランダで雨漏りがするという事で、調査してみると、ベランダ自体にはウレタン塗膜防水による施工が行われていましたが、雨が降った後などに水溜まりできるような逆勾配になっており、排水口とは逆側に水が流れるようになっていました。

 

そのため、ベランダの一部分に水が溜まっているような状態になっていたので、勾配をつけて、水が溜まらず流れるように防水工事を行いました。

雨水が溜まることで起こる建物劣化の悪循環

今回ご依頼いただいたお客様の会社のベランダは、雨水が溜まったまま流れない状態でした。

では、なぜ雨水が溜まったままの状態で放置していると良くないのでしょうか?

 

実は、雨水が溜まることで建物が劣化していく悪循環が生まれているのです。

 

  1. 雨が降って雨水が溜まる
  2. 雨水が溜まることで汚れやゴミが溜まる
  3. 汚れやゴミが溜まると、そこに草などが生える
  4. 生えた草が根っこをはって、その根っこが防水層に穴をあける
  5. 防水層にあいた穴から水が入り、建物の内部が傷む
  6. また雨が降って雨水が溜まる

 

このサイクルで少しずつ雨水が建物の内側に入ることによって建物が内側から傷んでいき、雨漏りなどの原因になります。

どれだけしっかり防水工事をしていても、水溜まりが1つあるだけで、雨漏りだけでなく、建物の劣化にもつながる可能性があるので注意が必要です。

ベランダの雨漏りと雨水の溜まりを解消した防水工事の施工方法

今回の防水工事では、雨漏りだけでなく、雨水の溜まりも解消する施工を行いました。

 

施工方法としては、液状の防水塗料をベランダに塗布することで防水を行っています。

 

お客様のご依頼は雨漏りを解消したいというものでしたので、排水ドレンなどの位置は変更せずに施工を行っています。

※排水ドレンとは、雨水などを排水するための管などの部品のことです。

 

また、今回の防水工事では、防水塗料として竹林化学さんのタケシールというウレタン防水材を使用しています。

これまでの経験を活かしてベランダに雨水が溜まらないように工夫

先ほどお伝えしたように、雨水の溜まりを解消しなければ、どれだけ防水をキッチリ行っても、また防水塗料が傷んでしまい、早い周期で雨漏りする可能性が高くなってしまいます。

 

そこで、今回はまず最初に、雨水が排水口に流れるようにしました。

 

あらかじめ、雨水が溜まりそうなところに目星をつけておき、その部分に多めの防水塗料を流し込むことで、雨水が留まらない勾配と流れに変わるように工夫しています。

 

ベランダの扉が外開きだったこともあり、ベランダの勾配がつけきれなかった部分はありますが、水が溜まっていたところに多めに塗料を塗布することで他の部分と同じレベル(高さ)となったため、雨水が溜まることなく、防水効果を最大限に活かすことができるようになります。

 

(施工前)

ベランダの水溜まり(施工前) ベランダの排水まわり(施工前)

(施工後)

ベランダの防水(施工後) ベランダの排水まわり(施工後)

築40年以上の会社のベランダが防水によってさらに長持ち

ご依頼頂いた会社の建物は、築40年以上が経過していました。

 

ベランダにも40年という年月経過による劣化がどうしても出ていましたが、今回の防水工事によって、防水塗料で塗装し直しましたので、見違えるほどきれいになっています。

 

またそれだけでなく、雨水が溜まるのも解消できたので、長持ちするようになりました。

 

雨漏りだけでなく、雨漏りの原因となる雨水の溜まりも解消でき、さらに見た目もきれいになって、お客様にも喜んで頂きました。

 

大阪近郊でベランダの雨漏りでお悩みの方は、村上塗装までお気軽にご相談ください。

雨漏りしてる大阪のマンション陸屋根屋上をFRPで雨漏り修理工事

最上階の部屋の玄関部分で雨漏り発生していた

今回、屋上の防水が古くなってきたから、防水塗装をしてほしいという事でご依頼をいただきました。

 

そしてマンションの陸屋根屋上の調査をさせていただくと、予想以上に破損が多く雨漏りをしている可能性のある破損も複数あったので、下階で雨漏りしている箇所が無いかの調査もさせていただきました。

 

屋上の1階層下の最上階にはオーナー様がお住まいで、全く気付いてなかったという事でしたが、調査したところ玄関付近で雨漏りをしていました。

雨漏り原因となる破損箇所を調査

調査をした結果、色んな箇所で破損がありました。

既存防水の破損状況

先ずこの様に既存のFRP防水のトップコートが捲れていました。ただこれは雨漏り原因ではありませんでした。

パラペットのコーキングの破損状況

手摺りみたいなパラペットの部分を見ていくと、コーキングが劣化しており、ここからの雨漏りも想定できます。

パラペットの立ち上がり部の破損状況

そして、パラペットと立ち上がり部の裏側も塗装が捲れており、水が入っていてもおかしくありません。

この様な破損とクラックが多数あり、全てを補修する必要がありました。

FRP防水はあえて表面に傷をつけて密着性を高める

FRP防水というのは、樹脂の中にガラスマットを敷くか混ぜるかして作った層の上にトップコートを塗布して作成する防水層です。そしてこのFRP防水は非常に強度の高い防水層で、強化ガラスが地面にひいてあるようなものだと思えば分かりやすいかもしれません。

 

ただ、一度層を形成してしまうと、少し古くなった層の上に塗装などを行おうと思っても密着性が悪いのです。

 

そこで、FRPをサンダーで削ってあえて傷をつけます。
この傷に塗装などが密着するようになるので、新しく塗布したトップコートの耐久性が明らかに上がります。

なによりも捲れにくくなります。

 

こういった防水層のFRP自体を傷つけるという下地処理はFRP防水の補修において非常に大切なのです。

架台部とパラペットは歩行の耐久性が必要無いのでウレタン塗膜防水

このマンションの屋上は、柵を支える為の架台部がたくさんあり、立ち上がりなどの角張ったところが多くありました。

 

その為、全てをFRPで行うとなると角のFRP層が薄くなり割れやすくなってしまうので、架台部やパラペットに関しては、作業性が良く膜厚の確保しやすいウレタン塗膜防水を用いました。

 

またFRPに関しては重歩行が可能で歩いたとしても削れたり割れたりしにくいのですが、ウレタン塗膜防水は軽歩行が可能とはいえ、FRPと比べると柔らかいものになるので、尖ったもので突いたりすると穴が開いてしまう事があります。

 

しかし、パラペットも架台部も歩行をするところではないので、歩行をするための強度を持つ必要性はありません。

 

こういった理由で、パラペットと架台部はウレタン塗膜防水を利用しました。

このマンション陸屋根屋上の雨漏り修理の工程

作業中の写真が無かった為前後のご紹介になります。

屋上の塗装前の状態

元々の状態がこの様な状態になっており、防水作業を行うには全てかたずけて掃除をする必要があります。

排水口部のFRP防水前

そうして、作業に必要の無い物は全て別の場所におきました。
後はホウキなどを使っての軽掃を行って、高圧洗浄でキレイにします。

パラペットのクラックと防水前

そして再び、補修の必要なクラックが無いかなどを確認していきます。
比較的小さなクラックであれば微弾性フィラーを上から塗るだけでいけます。
しかし、大き目のクラックであれば、Uカットを行ってから、コーキング補修を行います。

 

地面に関しては、大きなひび割れなどが無いかを確認します。
FRPはコーキングで補修できないので、シッカリと調査を行います。

この様な屋上の場合、架台部やパラペットから先に作業を行います。

先ず、クラック補修を行って、微弾性フィラーで下地をつくり、ウレタン塗膜防水を行います。

架台部にウレタン塗膜防水後と地面を清掃後

こうする事でパラペットの雨漏り修理が先に仕上がります。

そして次に屋上の地面部分のFRP防水の修理にうつります。
地面に関しては、サンダーで既存FRP時代に傷をつけていき、トップコートを丁寧に2層塗布します。

排水口部のFRP防水後

そうして、元々汚れていたり剥がれていた場所も綺麗になります。

 

特に排水口部や屋上の端の方は汚れやすいので見違えるほどキレイになります。

村上塗装工業から一言

雨漏り修理工事にはいろんな方法がありますが、弊社は作業を行う屋上の状態や作業性、お客様の要望に合うコストに合わせる為に、そして一番大切な耐久性を上げる為に、材料と工法はその都度考えています。

 

当たり前の事ではありますが、適切な工事を行わなければ、どれだけ良い材料を使っても長持ちは難しいです。

 

なので、クラックの補修もそうですが、シッカリと行って、塗装をしたりする際の下地をつくるのにはかなり気を配って工事を行わせていただいております。

 

雨漏り修理でも品質の高い工事をお求めの方は、村上塗装までご相談くださいませ。