Case

外壁塗装, 防水工事,

3階建てオフィスビルの外壁塗装・屋根の防水工事をした事例│大阪府大阪市

2021.9.14

施工前


施工後


基本情報

地域:
大阪市内
施工箇所:
屋上・外壁
建物構造:
3階建てコンクリート
人工:
15.5

施工内容

外壁塗装・屋上の防水塗装
【1】足場の仮設工事
【2】外壁の目地・サッシ廻りのシールを打ち替え
【3】外壁塗装(3回塗り)
【4】屋上の高圧洗浄
【5】屋上のシール補修・プライマー塗装
【6】屋上の通気シート貼り・脱気筒の設置
【7】屋上のウレタン防水塗装(3回塗り)
【8】屋上笠木(かさぎ)の板金工事
【9】建物側面のコーキング処理・検査

外壁塗装・屋上の防水工事を実施

 

今回ご紹介するのは、大阪市内の3階建てコンクリートビルにて「外壁塗装工事」と「屋上の防水塗装」を行った事例です。

 

経年によって古くなってしまった外観と雨水の浸水に懸念があったため、外壁と屋上の防水処理・メンテナンスを行いました。

 

3階建てビルのシーリング処理・塗装の作業内容

今回の作業内容を紹介していきます。

 

【1】足場の仮設工事


ビル裏面の外壁塗装のため「足場の仮設工事」を行います。

ビルの左右間は隙間が狭く塗装をしなかったため、裏面のみに足場を組んでいきます。

 

【2】外壁の目地・サッシ廻りのシールを打ち替え

外壁・サッシ廻りのシーリング処理を行います。

 

既存のシーリング材を除去し、シール材の密着を良くするためプライマーを塗布。その後コーキングガンを使用して、新たなシーリング材を補填します。

 

【3】外壁塗装(3回塗り)


シーリング処理が終わったら、下塗り・中塗り・上塗りの3工程で外壁を塗装します。プライマー処理をした後、単層弾性塗材である「セラミクリーン」を塗って仕上げます。

 

見映えを美しく改善するだけでなく、耐久性をアップし雨水の浸入から建物を防ぎます。

 

【4】屋上の高圧洗浄

外壁塗装がひと段落したところで、屋上の防水塗装・メンテナンスへと移ります。まずは高圧洗浄で、屋上に付着したホコリや汚れを洗い流します。

 

この日は雨が降っていたため、周囲へ迷惑をかけることなく洗浄に臨めました。

 

【5】屋上のシール補修・プライマー塗装

目地部分の劣化やひび割れ(クラック)が目立ったため、コーキング処理を行いました。外壁時と同様に古いものを取り除き、新たなシーリング材で補填します。

 

(写真手前:プライマー塗装前 写真奥:プライマー塗装後)

 

通気シートの接着性を高めるため、プライマー剤を屋上の全面へ塗装します。

 

【6】屋上の通気シート貼り・脱気筒の設置

下地の通気層を確保するため、同じく屋上の全面へ「通気シート」を敷きます。密着工法では全面に接着剤を塗るため、シート間と下地に水蒸気が溜まりがちです。通気シートを敷くことで水蒸気を適切に逃がし、床の膨らみを抑えることができます。

 

 

シートの敷設後、こちらも防水層と下地間の水蒸気を排出する役割を担う「脱気筒」を設置します。

 

【7】屋上のウレタン防水塗装(3回塗り)

 

ローラーを使って、屋上にウレタン防水塗料を塗っていきます。「ウレタン塗膜防水工法」といい、液状のウレタン樹脂を重ね塗りすることで継ぎ目のない防水層ができ、より高い防水性が得られます。

 

 

ウレタン塗膜防水材が硬化したら、上からグレーのトップコートを塗布し仕上げます。トップコートを塗ることで太陽光の紫外線や雨風から屋上を守り、防水層の劣化を抑制します。

 

【8】屋上笠木(かさぎ)の板金工事

 

屋上壁の最上部(写真:金属の板が被さった部分)を笠木(かさぎ)といいます。既存の笠木部分が痛んでいたため、上から2~3センチほどはみ出す長さの金属板を被せ、ビスで留めていきます。笠木の捲れは雨漏りの原因にもなるため、丁寧に板金工事を行います。

 

 

雨水の横入りを予防するため、隣ビルとの隙間も板金処理で埋めていきます。こうすることで隣ビルに雨水が流れ込むこともなく、近隣に迷惑をかける心配もありません。

 

 

金属板は茶色の塗料を塗って仕上げます。

 

【9】建物側面のコーキング処理・検査

 

足場組みのできなかった建物側面の外壁(隣建物が近接・瓦造りだったため)で、屋上から手の届く範囲にコーキング処理を行います。目地部分のシーリング材を補填し、雨水の侵入を予防します。

 

最後にすべての作業内容を検査し、今回の作業は終了です。

 

まとめ


外壁の塗装工事と屋上の防水塗装により、見た目の改善はもちろん防水性・耐久性も改善されました。

 

今回のように適切なメンテナンスとケアを行うことで、経年劣化による屋外からの浸水を防ぎ、建物の資産価値や美観を保つことが可能です。

 

大阪・京都・奈良・滋賀・和歌山などの関西エリアで外壁塗装・屋上の防水工事をお考えの方は、村上塗装工業までご連絡ください!