外壁塗装で使用したオレンジはお客様のカンパニーカラー 大東市

お客様のご要望で原色のオレンジで外壁塗装

今回は、大阪府大東市にある集合住宅1階の角部屋の外壁の塗装を行いました。

 

外壁の塗装の色については、お客様のご要望があり、オレンジ色になりました。
もともと淡い緑色のような外壁をオレンジ色に塗装することで、かなり目立つ色になっています。

 

このオレンジ色は、お客様の会社のカンパニーカラーということで、会社のこともしっかりイメージできる塗装となっています。
このお客様の要望をしっかりとしたお聞きした上で今回の施工を行っています。

 

補修前の写真

 

外壁塗装前

 

※写真の1階部分の角部屋のみが今回の外壁塗装の対象です。

 

外壁塗装施工後

お客様のカンパニーカラー「オレンジ」が持つ効果

お客様がカンパニーカラーとして使用されている「オレンジ」には、様々な効果があるといわれてます。

 

オレンジ色が持つ心理効果としては、元気、陽気、エネルギッシュ、前向き、などの印象があるようです。また、オレンジ色には見た人のやる気を出させる効果があったり、情熱を引き出すような効果もあるようです。

 

これらの効果がある「オレンジ」をカンパニーカラーとされているお客様の会社には勢いがありそうです。

 

外壁塗装後③

意外と手間がかかる原色での外壁塗装

今回の外壁塗装には原色の「オレンジ」で塗装を行いました。
外壁を「オレンジ」にすること自体、あまりない事例ですが、この「オレンジ」で塗装を行うことにいろいろと手間がかかりました。

 

実は塗装に原色を使用する場合、下地が透けて見えてしまうことが多いため、今回は4回塗っています。
下地を見えなくするために、塗料を塗る回数が増えますので、その分費用がかかってしまいます。

 

今回は、水性ソフトサーフSG、水性セラミシリコンを使用して、4回塗りを行い、下地が見えないようにしました。
原色を複数回塗っていくことで、色が定着し、下地が見えなくなっていきます。

 

※水性ソフトサーフSGとは、下地調整、下塗り、中塗りの機能を備えた下塗材です。下地のひび割れを抑え、防水、防カビなどにも優れています。

 

※水性セラミシリコンとは、紫外線や湿気に強く、優れた耐久性を持つ塗料です。汚れなどにも強いため、建築物の美観を保つ効果も備えています。

集合住宅の1階の角部屋のみを外壁塗装

今回は1戸建てではなく、集合住宅の中の1部屋について外壁塗装を行いました。

 

部屋の内装もリフォームもされていましたが、今回行ったのは、外壁の塗装のみとなっています。
淡い緑色の壁で統一されていた集合住宅の中で、オレンジ色の壁が際立っています。

 

今回のオレンジ色の外壁塗装は、お客様から頂いたご要望でした。塗装後の外壁をお客様に実際に見て頂き、「イメージ通りに仕上がった」とのお声を頂きました。

 

一口にオレンジ色といっても、微妙な色味の違いやそれぞれのイメージなどがある中で、お客様に色を確かめて頂きながら施工を行った結果だと思います。

 

マンションや集合住宅などの塗装に関することなら、村上塗装までお気軽にご相談ください。